ベアアタック怪奇ラジオ

2014年12月14日

第57回 日本の歴史と文学からみる死生観(神代〜飛鳥後期)


古来より葬送や死について日本人はどんな感覚で接してきたのか。歴史と当時の文学作品を検討することで探っていく試みの第一回目。今回は神代から飛鳥後期あたりまでを節目に語ります。/アニミズム信仰/殯(もがり)/柿元人麻呂と水の信仰/文化の転換期
posted by ベアアタック at 03:41| Comment(0) | podcast | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。